オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter 2: The Yellow Hen

ビリーナ登場です(^^)/

何ごとにも動じず、洞察力もあり、自尊心も高く、礼儀もわきまえている、パーフェクトなおばさんキャラ。
さういふものに私はなりたい。

ドロシーに「生きているものを食べるなんて気持ちが悪い」と言われて、「あなたがた人間は死骸を食べるけど、そのほうがよっぽど気持ちが悪いわ」と言い返したり、それでもさらに「でも虫を食べるのは気持ち悪いわ」と言われても、「その、虫を食べるニワトリをあなたがたは食べてますけどね」って言い返したり。

かっこいいーー^^


今回英語で読んで初めてわかりましたが、ビル(Bill)と呼ばれていたビリーナの名前の、言葉遊び(?)があったんですね?

Her bill, her billって何回も出てくるんですが、billには「くちばし」という意味もあるんですね。
あと、ドロシーを言い負かした後、自分の食事を満足気に食べ続ける場面で、献立表という意味のbill-of-fareが使われています。

これって絶対わざとですよね?


ドロシーはこの章でもやっぱり、天真爛漫というか、我が道を行くというか、すごいです。

他人(他「人」というか、ニワトリ、ですけど^^;)の名前に「それはヘンだからこう変えてはどう?」と変えちゃうし、食べてるものを「気持ち悪い」とか平気で言うし、あげくの果てには、「くちばしが金物にあたった」というのを「岩に決まってる。掘り起こして証拠を見せてあげるわ」とまで言ったのが、やっぱり金物だとわかったときに、「たしかに金物ね」と言った後、あんなに疑ったことも一言も詫びず「これ純金だわ。どこの鍵かしら。何の鍵だと思う?」とか尋ねてる…。強いわ~^^;

こういう、出会ったときからすっかり友達気分で話せるのは、もう、特技ですね。さっき初めて話したばかりのニワトリにいろいろ相談したり、意見を言ったり。


嵐の中で船が難破するとか船から離れてしまって漂流するとかで陸地が見えてそこに上陸するパターンって、たいてい「ここは島だ。無人島だorz 助けが来るまで生き延びられるのか?!」みたいな漂流モノになったりしますけど、もちろんオズではそんなことになりっこないのはわかってますけど、もしも、もしも、漂流モノになった場合…ビリーナをドロシーがいつ「仕方ない。もう食べるしかない」と思うか、その心の葛藤と、ビリーナはビリーナでドロシーをどこまで信じ切れるのか、疑ってしまう自分とそれを恥じる心とのせめぎ合い…がすごく文学的な作品に…ならないか…あーすみませんしょーもないことを^^;;;

次章の展開が楽しみです。^^  …知ってるけど^^;


スポンサーサイト
  1. 2012/10/15(月) 20:57:35|
  2. オズのオズマ姫|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Chapter 1:The Girl in the Chicken Coop

なんとまぁ、「今から読みます」と宣言してから3カ月以上かかって第1章の書きこみです。
でもその間に復刊ドットコムの新訳も手に入れましたし、ま、いいか^^

さてさて、場面はいきなりの大あらしから始まります。

そして、子供たちが熱望してやまなかった、我らがドロシーの再登場ですが、なんとヘンリーおじさんは体を壊してオーストラリアに静養に行く途中。ドロシーはそのおともで旅行中だったのが、嵐の中、勘違いからヘンリーおじさんを助けようと甲板に出て、ニワトリ小屋もろとも吹き上げられ、海の上に投げ出されてしまいます。

いきなりの大ピンチ!のはずが…そこで出たセリフが「まあ、私の船ね^^」なんて…
怖がるどころか楽しんじゃってます。怖い目にあってないわけじゃないんですよ。そのちょっと前には飲んでしまった水をせきこんで出してたんですから。

吹き飛ばされたときにだって、小屋の中にいて、小屋ごととばされたんじゃないんです。1巻のときとは違って、今回は小屋の横板にしがみついていただけなんです。海に落ちてから、底板の上に下り立ったんです。

幸せ探しが得意なポリアンナよりもずっとドロシーの方が上手ですよ~。すごいなー。

1巻でもそうでしたけど、「起こったことはしょうがない」と、どんなことでも全てを受け入れ、「それよりこれからどうなるのかしら?」と先のことを考える、スーパーポジティブな女の子ですね~。

船は遠ざかってしまい、船ではドロシーがいなくなったことに誰も気づいてないだろうと思い、そして食べ物もなく、飲み水もなく、かわいた服もない、海の上を漂う壊れたニワトリ小屋の上で、たった一人で、「どうしたらいいのか見当もつかないわ」と笑うんですから!

そしてぐっすり寝ちゃいます。

まあ、寝るのは大切なことですよね。体力回復のためにも、場面転換のためにも^^
  1. 2012/10/15(月) 16:36:22|
  2. オズのオズマ姫|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Ozma of Oz

前回の記事が2009年11月!今はもう2012年です。6月です。
月日の経つのは早いものですねぇ…しみじみ…。

なんて言ってる場合じゃありません!このままじゃ40冊終わるまでにあと100年くらいかかってしまいます!

絶版になって久しいハヤカワ文庫にかわって、復刊ドットコムから完訳版が出版されています。
これを機会にまた少しずつ読んでいきたいと思います。

3冊目の「オズのオズマ姫」はシリーズの中でも人気の1冊ですよね。クルマーやラングイディア姫、チクタクなど、印象的なキャラクターが目白押し。そしてなんといっても、シリーズ通しての敵役となるノーム王(このときはまたロークワット)の登場!

ああ、早く読みたいです(^^)
  1. 2012/06/27(水) 20:25:41|
  2. オズのオズマ姫|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

The Land of Oz: まとめ

2冊目、終わりました!

何年かかってるんだか?って話ですが、再開してからは、けっこうあっという間でした。
この何年かの間に、少しは読むスピードがあがったかな?

魅力的なキャラ満載のこの作品、とても楽しく読めました。

モンビになんとなく肩入れしながら読んでしまう自分にびっくりしました。(^^;)
えぇ、モンビは本当は悪い人じゃないんですよ、きっと。(ほんとかなぁ…?(^^;))

あと、ムシノスケの服が、ほんとにヘンテコリンなコーディネートなんだなぁって、あらためて思いました。まあ、学問を追求する人って、そうなりがちですけどね(^^;)

次はOzma of Oz。これまた楽しみです。
  1. 2009/11/29(日) 22:07:09|
  2. オズの虹の国|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Chapter 24:The Riches of Content

ジンジャーは、モンビがグリンダに敗れたことを聞いたらすぐに降伏するかと思いましたが、なかなかしぶといですね。グリンダの力を知らなかったのでしょうか?門にかんぬきをかけたら安心して、のんびりハンモックに寝ころんで読書とは!グリンダ隊はそんなジンジャーの両手に頑丈なくさりを巻きつけます。容赦ないですね。

家事にてんてこまいだった男たちはそれっとばかりにエプロンを投げ捨てる…それはわかるのですが、女たちも自分たちのもとに家事が戻ってきたことに大喜びというのが、「ああ、そうかもな」と思って、面白かったです。自分でできることは人に頼むより自分で思う通りにやりたいものですよね。

反乱軍は解散。ガンプも再びバラバラになり…ソファは応接室に戻されて…でもあのソファ、長い旅をしてきて、さぞかしあちこち汚れたり傷がついたりしているだろうと思うのですが…いいのかな?応接室に戻して??(^^;)

ムシノスケは文部大臣に、かかしはウィンキーの大蔵大臣に。ジャックは、えーと、いなくなっちゃったことになってるのかな?

オズマはもうすっかりオズマです。「あなたがたは満足という一番の財産をもっているのです」なんて言ってます。こんな"お利口な"ことを言うなんて、昔読んだ時は、元気なチップが消えちゃったみたいに思って、悲しかったのを覚えています。

ジンジャーも許されて自由になったし、モンビも老後の面倒を見てもらうことになってるし、どっちを向いても、めでたしめでたし、ですね。どうもジャックのことが気になりますが…(^^;)
  1. 2009/11/29(日) 21:57:21|
  2. オズの虹の国|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。