オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

The Wizard of Oz:まとめ

やっと1冊読み終わりました。毎日1章なら24日で読み終わるはずですが、2ヶ月近くかかりました。今、最初の書き込みをみたら「1作目は少し丁寧に見ていこうと思う」と書かれていました…丁寧に?…見てませんね(^^;)。ま、そんなもんですよね。

今回読み返して、なんとなくイメージで思い込んでいた部分がけっこうあるんだなあと思いました。映画のイメージが強いかな。続編は何度も読み直したりしていましたが、この第1作はなまじ有名なだけに、かえって、読み直す気にもならず、イメージだけがどんどん膨らんでいっていたのかもしれません。

ドロシーって、元気で陽気で行動的な女の子のイメージでしたが、けっこう受け身な性格ですね。去るものは追わず、来るものは拒まず。自分で運命を切り開いていくというよりは、流されるままに流れていくという感じ?前にも書きましたが、私の考えていたのより、だいぶ幼い気がしました。

西の魔女のヨワッチイのにもびっくり。水が苦手なのはもちろん知っていましたけど、暗闇も怖いんですね。なんか魔女にあるまじき弱点のような気がしますが…。

でも1章ずつ読んで感想を書いていくのって、楽しいです。自分でも思わぬ発見があったりして。2作目以降もこのペースでぼちぼち続けていこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/31(月) 22:42:00|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Chapter24:Home Again

最終章です。ドロシーがエムおばさんの腕に抱かれて、めでたしめでたし。

最後のドロシーの決め台詞は"oh, Aunt Em! I'm so glad to be at home again!"でした。映画では"There is no place like home!"でしたけどね。ま、同じような意味ですけど、セリフ自体は違うんだ~、なんて思いながら読みました。

オズの国に行っていたというドロシーの言葉をエムおばさんが信じたかどうかは書かれていません。映画「オズ(Return to Oz)」では、信じてもらえなかったドロシーは病院に送られてしまいますが…果たして原作では??次作以降のお楽しみというところですね。
  1. 2005/01/31(月) 22:29:18|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Chapter23:Glinda Grants Dorothy's Wish

さあ、ついにグリンダ登場です。オズにはお姫様がたくさんでてきますが、このグリンダはお姫様でもなんでもない、ただの(?)「良い魔女グリンダ」なんですよね。Princess Glindaでもよかったような気もしますが、高貴な身分だからでなく、魔法の実力と内面の素晴らしさで治めているというところがポイント…なのかな?

シリーズの後の方の作品では「Glinda, the Good Sorceress」となっていたりして、なんとなく良い魔女はSorceressで悪い魔女はWitchなのかなと思っていましたが、そうではないのですね。この作品ではグリンダもthe Good Witchとなっています。

でもその「良い魔女」でさえ、ドロシーにカンザスに帰る方法を教えてと言われて「それにはあなたの持っている金の帽子を私にくれなくてはいけません」とか言ってます。どこまでもギブ&テイクでびっくりします。ま、もちろん、良い魔女グリンダはそれを自分のために使ったりするわけではないですけれど。

ドロシーもかかしたちに「きみがいなければ私たちは望みのものを手に入れられなかった。みんな君のおかげだ」とか言われて、「それはそうね。お役に立てて嬉しいわ」と素直に認めているし。"謙遜"という言葉はドロシーの辞書にはないようです??(^^;)

このへん、アメリカっぽいというか、私には、ちょっと「おいおい」といいたくなる展開でした。

最後に涙のお別れをして、ドロシーは無事カンザスに。もちろんトトもいっしょに。
  1. 2005/01/29(土) 23:36:14|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Chapter22:The Counrty of Quadlings

いよいよカドリングの国です。

と、その前にトンカチ頭たちとの一悶着がありました。空とぶサルたちを呼べばいいと思いついたのは木こりでした。なんとなく、かかしかと思っていたのですが、違いました。空とぶサルたちは無事にカドリングまで届けてくれました。それなら初めから(エメラルドの都を出るときから)頼めばよかったのにねぇ?とにかく、これでドロシーは空とぶサルを3回呼んだので、権利を使い果たしたことになります。

カドリングは未開の土地で、変人が多いような気がしていましたが、背が低くてぽっちゃりしてて良い人たちなんですね。マンチキンと変わりません。実際、ドロシーたちにケーキやクッキーを振舞ってくれました。

グリンダの宮殿前にはきれいなお嬢さんが3人門番として(?)立っています。エメラルドの都でさえ門番は1人だったのに、グリンダの宮殿は訪問客が多いんでしょうか?それとも国境に近いから警護が必要なんでしょうか?
  1. 2005/01/27(木) 22:55:17|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Chapter21:The Lion Becomes the King of Beasts

今まで影の薄かった(?)ライオンくんがここで一気に大活躍。
蜘蛛のお化けのような怪物を独りで倒してしまいます。「勇気がある」というと「怖いのを我慢して戦う」というのも入るような気がしますが、「全く怖気づいてない、これっぽっちも怖いと思っていない」ライオンの勇敢さは頼もしい限りです。

怪物を倒す前には、ちゃんと「倒したら王として迎えるように」と約束も交わしています。この辺、抜け目ないです。(^^;)

それにしても「誰も死なない」はずのオズですが、第1作ではそうでもないですね。東の魔女、西の魔女、ヤマネコにオオカミにカラスに黒バチ。そしてこの蜘蛛の怪物。そういえばまだ誰も「オズでは誰も死なない」とは言っていません。この設定っていつからできたんでしょう?少なくとも1作目のこの作品ではそういうことにはなっていないみたいです。
  1. 2005/01/25(火) 14:20:19|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。