オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter15:The Discovery of Oz, the Terrible

西の魔女を倒して意気揚々と帰ってきた一行ですが、大歓迎されるかと思いきや、宮殿に留め置かれたままいつまでたっても音沙汰なし。ついにはドロシーはこのままだと空飛ぶサルをけしかけるわよ、とオズ様を脅しにかかります。で、オズ様は怖がって、すぐに面会を許す・・・って…なんだかもうこのあたりからすでにアヤしいですよね。

そしてオズの正体が明らかに。

子供のころは「なんてやつ、ペテン師め!」と憤りを感じましたが、ン十年経った今では、年が近くなったせいか(?)、オズにも同情の余地はあるよな~なんて思いました。故郷から離れて見知らぬ国で一人、近臣にも心を許すことが出来ずに、虚勢を張って生きる生活。実は正体がばれてほっとしているのかも。

それに、かかしには「賢さに必要なのは脳ミソよりも経験だよ」、ライオンには「君に必要なのは勇気ではなく自信だよ」なんてアドバイスするところ、なかなかの人物じゃありませんか。

忘れてましたけど、エメラルドの都ってこのオズが作らせた都だったのですね。

2005.1.14追加

ドロシーはここでも「オズがカンザスに戻してくれるのなら、全部快く許してあげよう」と思うのですよ。根に持たない、いい性格のお嬢さんですねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/13(木) 20:43:53|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/16-15ef69c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。