FC2ブログ

オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter16:The Magic Art of the Great Humbug

オズは約束どおり、かかしと木こりとライオンにそれぞれ望みのものを与えます。

これって、どうなんでしょう?昔からすごく不思議なのですが、三人はどうしてこのペテン師を信用できるのでしょうか?なぜみんな満足そうにしているのか、謎です。

悩み事があるときに、実は自分の心の中ではこうしたいっていうのが決まっているんだけれど、誰かにそれを相談して「それでいいよ」ってポンと後押してもらうと気が楽になる、ってことありますよね?そんな感じなんでしょうか?

でも、ドロシーの願いだけは口先だけのごまかしや小細工はききません。子供のころ初めて読んだときに、ドロシーは結局オズに残ることになるのかなあ?と思って読んでいたのを覚えています。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/14(金) 19:14:16|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/17-bd642227
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。