オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter1: The Cyclone

まずタイトルが気になりました。竜巻を表す"tornado"ではなく"cyclone"なのですね。サイクロンといえばインド洋上で発生する暴風雨。アメリカだったら普通ハリケーンですよね?どうしてわざわざサイクロンなのか…?ボームさんの勘違いかと思って調べてみたら、cycloneを使った単語はたくさん普通に使われているみたいです。オズに出てくる避難用の地下室もcyclone cellar。なぜhurricane cellarじゃないのか…?不思議です。

物語の冒頭、ドロシーのことは少ししか紹介されず、いつどうして両親がなくなったのかやカンザスに来ることになった経緯など、全く説明はありません。それよりも、カンザスが単調な風景でなにもかもが灰色で、人々の心まで陰鬱にさせてしまっていることなどが詳しく書かれています。

ドロシーがその灰色に染まらなかったのは愛くるしいトトのおかげ。でもこのトトについても、カンザスに来る前からいっしょだったのか、ヘンリーおじさんのところで飼う事になったのか、などの説明はいっさいありません。

このあたり、オズ外伝を書こうと思ったら、なかなかおもしろそうな題材ですね。

あと、どうでもいいことですが、ヘンリーおじさんとエムおばさんはダブルベッドで一つのベッドに寝てたんですね~。やっぱり欧米の方は夫婦は同じベッドで寝るのが基本なのでしょうか。

そして運命の日。
偶然にもヘンリーおじさんの家の上で北風と南風がぶつかって、家はくるくると舞い上げられます。逃げ遅れたドロシーとトトを乗せて。

トトは一度床の穴から落ちちゃったのですね。でも下からの風の勢いで浮かんだままになって、ドロシーにひっぱりあげてもらいました。

初めは落ちたらどうなるのだろうなんて考えて怖がっていたドロシーですが、やがてベッドに入って眠り込んでしまいます。これってすごくないですか?ドロシーの豪胆さにびっくりです。
スポンサーサイト
  1. 2004/12/09(木) 23:13:48|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/2-be88b6c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。