FC2ブログ

オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter3:The Flight of the Fugitives

チップくん、いろいろと考えた末に逃げ出すことにします。逃げ出すのはいいんですが、そのついでに勝手な理由をつけて<いのちの粉>を、無断で持ち出したり、これまた勝手な理由をつけてジャックを連れ出したり…これってはっきりいって、泥棒じゃ…?(^^;)

でも人付き合いをあまりしていないモンビと二人で暮らしていたわりには、オズの国のことをよく知っていますね。誰から教えてもらったんでしょう?モンビ?それとも、村の人に、チップは、かわいがってもらっていたのかもしれませんね。

チップの話によると、偉大なるオズ大王は実はペテン師だったってことが、かなり広く知れ渡っているようですが(辺境に住むチップが知っているくらいですから)、それだからといって特に憎まれたり恨まれたりしている様子もないですね。後を継いでくれたかかし様がよく治めてくださっているから、それで満足、ということでしょうか?起こった事をくよくよ考えてもしょうがない、今がよければそれでいい、って、なんか、のほほんとしていて、オズっぽいですね。

英語の表現で一つ。
木こりがウィンキーの人々に、かかしがエメラルドの都の人々にそれぞれ請われて支配者になった、というところですが、このとき「invite」が使われています。夕食やパーティーに招待するというイメージしかなかったので、へぇー、でした。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/16(水) 22:37:00|
  2. オズの虹の国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/31-7301132b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。