オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter5:The Awakening of the Saw-Horse

重要キャラの一人、木挽き台の馬、ついに始動です。ハヤカワ文庫の佐藤高子さんの訳から、なんとなくおやじキャラっぽいイメージをもっていましたが(「わたしゃ」とか言うし)、特にそういう記述はないんですね。原文からは…うーん、なんとなくぶっきらぼうな感じはあるような…?そこまで読み取れる英語力が…

もともとはどこかの木こりが忘れていった木挽き台なんですよね。それにチップが命を吹き込んで…この場合、もう元の木こりには所有権はなくなるのでしょうか。やっぱり木挽き台本人の意思が尊重されるのかな?それなら、ジャックも、チップが盗んだわけじゃなく、ジャックが自分の意思でチップについてきたわけだから、それでいいんでしょうね。うーんでもでもやっぱり、まだ世の中のことをよく知らないわけだから、子供を扱うのと同じ??じゃあ誘拐みたいなものじゃない??でもオズでは平気みたいですね。

初めは耳がなくてチップのいうことが聞こえなかった木挽き台の馬ですが、耳をつけてもらってやっと会話ができるようになります。ジャックにも耳があったんですね?「もしボクの耳がもっと大きかったら…」なんて言ってますし。

チップくん、命を吹き込んだ後に、馬の背中に棒をつきさすなんて、ずいぶん思い切ったことをしますね。あんまり痛さとかないみたいでよかったですけど。

佐藤高子さんの訳は大好きですが、少年のチップのセリフ"Don't pay any attention to it"が「気にしたもうな」というのは、ちょっと…?チップ~、アンタいったい何歳なんやねん!っとつっこみをいれたくなりました。(^^;)
スポンサーサイト
  1. 2005/02/20(日) 22:57:34|
  2. オズの虹の国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/33-489e9286
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。