FC2ブログ

オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter5:The Rescue of the Tin Woodman

翌朝、ドロシーたちは森の中からうめき声がするのをききつけて、ブリキの木こりを発見します。そしてブリキの木こりも旅の仲間に。やっぱりここでもドロシーは「あなたがいっしょに来てくれると心強いわ」でもなければ「役に立ちそうだから連れて行ってあげてもいいわ」でもないのです。「行きたいの?じゃあいっしょに行きましょう」って感じ。素直というかおおらかというか…。

そしてブリキの木こりの身の上話が始まります。父親の跡をついで母親の面倒を見て、恋人のために一生懸命働く、本当にまじめな好青年だったのでしょうね。ちょっとまじめすぎる…かな?

脳みそとハートのどちらが大事か言い合うかかしと木こり。うーん、どっちでしょうねぇ。でも「脳みそが人を幸せにするということはないし、幸せは世界で一番すばらしいものだ」という木こりのセリフには納得です。

でもこれに対するドロシーの反応がまた冷めてるというか現実的というか。「私はカンザスに帰れさえすればいいんだから、二人の希望が叶おうか叶うまいがどっちでもいいわ」なんて。そして残り少なくなった食料の心配をしています。旅の「仲間」というよりは、単なる「同行者」っていう気分なんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト
  1. 2004/12/14(火) 22:37:34|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/6-8d5d2e9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。