FC2ブログ

オズシリーズ読破!

オズシリーズを1章ずつ読んでいきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Chapter6:The Cowardly Lion

道はどんどん悪くなっていくし、森はどんどん深くなっていくし、なんだか怖そうな動物の鳴き声が聞こえてくるし…でもかかしもブリキの木こりも生身の人間じゃじゃないから、そんなに怖がることはない。ドロシーも北の良い魔女にもらったキスがお守りになっているから、心配だとすればそれはトト…としゃべっていたら、そのとおり、大きなライオンが襲いかかってきました。

トトは勇敢ですね。大きなライオンに立ち向かっていきました。でもこれが臆病ライオンじゃなかったら、あっという間に一飲みにされておしまい、だったかも。勇敢と向こう見ずは紙一重ですね。

昔読んだときにはいつまでもビービー泣いているライオンが鬱陶しい気がしましたが、「ライオンは百獣の王。だから勇敢なはず」というみんなの期待に応えられない自分を責めるライオンくんは、実はすごく責任感のあるいいヤツなのかもしれないな、と今回初めて思いました。トトともすぐに仲良くなっていたし。

木こりの「君たちハートのある人は、間違ったことをしないからあれこれ気にしなくていいけれど、私にはハートがないからいつも注意深くしていなければならないんだ」というセリフ。うーん。深いです。実はそう思うことこそがハートのある証拠。ですよね?相手の気持ちが実感できなかったり違う意見を持ったとしても、それでも、相手の気持ちを思いやるってことは大事ですよね。なかなかできないことですけど。

かかしくんも木こりのピンチを救っていて、さりげなく頭の回転のよさがアピールされてます。

最初読んだときにはドロシーの願いが一番叶え易そうに思ったんですが、実はお供の(?)3人のほうが、カウンセリングだけで済むのかも、という気がしてきました。
スポンサーサイト
  1. 2004/12/16(木) 18:52:23|
  2. オズの魔法使い|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marukooz.blog2.fc2.com/tb.php/7-79d571db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。